エログロ ナンセンス。 第7回:ぐろ、お笑いに挑戦するの巻│mazecoze研究所(マゼコゼ研究所)

幻の発禁本「昭和エロ・グロ男娼日記」 1930年代の東京で性的マイノリティはどう生きたのか

🤑 そのため、1920年代には、大手出版社では納本時の検閲に先立って「内閲」と呼ばれる事実上の事前検閲制度が導入されており、検閲官との協議の上、ゲラの段階で検閲で引っかかりそうなところはあらかじめ伏字にしておくことで、発禁を逃れることにしていた。

7

エログロナンセンス

😛 明智といえば天知、天知といえば明智である。

10

NHK バリバラ|SHOW

♥ エロに加えて分かりやすくグロテスクな死体、奇怪でチープなコスプレ感、毒々しく荒唐無稽な背景プロットなど、お茶の間の下世話な好奇心をフルスロットルで満たしてくれる玉手箱だった。

19

エロ・グロ・ナンセンスとは

👐 自分の中で、天知茂=明智小五郎として永遠に記憶に刻まれた瞬間だったと思う… なんて、飲みながらだったら、誰とでもいくらでも何時間でも話せる自信がある。

18

幻の発禁本「昭和エロ・グロ男娼日記」 1930年代の東京で性的マイノリティはどう生きたのか

🙄 でもちゃんと覚えていますね。

昭和モダン

✌ 「相対」に掲載された性体験のレポート『赤い帽子の女』は、芥川龍之介の作品だという説がある。 笑いをとおして、知られざる世界が見えてくるのも、SHOW-1の醍醐味だ。

19

米沢嘉博記念図書館|企画ページ|第2部「サブカルチャー評論家、著述家としての米沢嘉博を語る」

💕 —— 今回のSHOW-1に出場するキッカケを教えてください。 本家「生活笑百科」のセット、あのキダ・タロー先生のお囃子で漫才できる日がくるとは! 本当はテレビ以外でも芸を磨く機会を積極的に持つべきとは思うのですが、残念ながらエログロは今のところバリバラのみでしか活動実績がありません。 映画 「」(原作・脚本・監督:(2003年))• たび重なる当局の手入れによって、文藝市場社に集っていた人々も散り散りになり、ブームは終息する。

16