デンソー 燃料 ポンプ リコール。 デンソーの欠陥燃料ポンプ問題が深刻化 世界で479万台超の大規模リコールに

デンソーの燃料ポンプリコールの根底にあるもの|中野技術士事務所|note

🤣 リコールを要する場合は対策案まで練らなければならない。 実は、リコールは市場からの不具合件数がゼロのうちにメーカー側が発見してリコール処理するのが理想。

11

デンソー、部品の不具合を確認後も供給…ホンダ、マツダ向け[新聞ウォッチ]

👏 特にこれからの複合的に機械と電子機器とソフトウェアが一体化して動作する機器が増えていく中で、機能的に安全であることが重要となってくる。 現状で、利益を大きく取れない燃料ポンプで利益を上げるためには、設計を変更して工場の工数を下げることが重要である。 あの日からまもなく75年。

20

デンソーリコール745万台に拡大、追加賠償と転注が不可避か

📱 情けない。

14

『トヨタ品質保証体制』の瓦解? デンソー欠陥燃料ポンプ、リコール479万台(2020年9月11日)|BIGLOBEニュース

😩 通常なら、この時に燃料ポンプの内容を精査してリコール対象のクルマを全て洗い出せたはずだ。 同社の山中康司副社長は決算会見で、品質費用について現時点で見込まれるものは「全て織り込んでいる」と述べた。

18

デンソー リコール 原因

🖖 コロナの影響が他社にもあると思うので転職より社員の副業が増えると思います。 今回、デンソーの燃料ポンプ欠陥が6年余りもかかってリコールされたこと自体、大変深刻な事態だ。 既に前期(19年度)決算で2220億円の費用を引き当てており、ホンダ車までのリコール分(冒頭で触れた479万台超の分)は「織り込み済み」(デンソー)と主張していた。

新規トヨタ車リコールで460億円の追加賠償、デンソー品質問題

☮ 昔デンソーが危機に瀕した時に何百人とリストラを実行したことがあるそうですが、状況はその当時よりうんと悪い。 品質の専門家はこの欠陥燃料ポンプにおいて、デンソーが「良品回収調査を実施していなかったか、もしくは実施したものの調査がずさんで、今回の欠陥の『故障モード(故障の起こり方)』を調査していなかった可能性が高い」と指摘する。